FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタゲーム・ブレイクダウン

東方観月宴 メタゲーム・ブレイクダウン
By shiroha

さて、九州で行われた大会はスイスドロー5回戦が最大規模だった為に、東方観月宴は九州ではかつてない規模で行われた大会であった。
しかも、この大会は10弾が頒布されて1週間後に行われた大会である。かつ10弾環境初の九州での大会であった為、デッキの選択に悩んだプレイヤーは多いであろう。
そんな中、東方観月宴で使用されたアーキタイプを示していこう。

kangetu.jpg


リストの筆頭に立ったのはプリズムリバーデッキであった。
優勝者のデッキもプリズムリバーデッキであったが、その優勝者であるセイバーさんを含む広島、岡山勢の内4人のデッキはそれらの内容に1枚も相違が無いプリズムリバーデッキである。
香霖堂、河童のポロロッカなどのカードをフルに用いて騒霊三姉妹チームを早々と場に出す。そしてプリズムリバーカードを冥界に落として強化したチームと、防御が難しい河城にとりも合わせ積極的に攻撃し決着を付けるにとりプリバの典型的な形だ。場合によっては往復5ターン掛からずにゲームが終わってしまう事もある。
5つのプリズムリバーデッキの内1つは俗にライブプリバとも言われる形である。カナ・アナベラルが採用されている辺り、とことん数で押すデッキであろう。

次に多かったのが10弾カードをメインに据えたデッキ2種だ。

まずはハングリータイガーを採用したデッキ。準優勝から4位までのデッキがこれに当たる。
かつて環境上位に立ったぬえキメラを彷彿とさせる幻想生物であり、実際にそれに近い動きを見せてくれた。
俗に「ナイフパッケージ」と呼ばれる、銀ナイフを投入して裏取引をはじめとする手札コストを必要とする強力カードを多く使用するスタイルを基盤としたデッキとなっている。
タイガーの術者である10弾の寅丸星が、必要無くなった銀ナイフをセットする事により7点の攻撃力とカウンター効果を得る事が出来る為に無駄が無い。

10弾でパッケージ面からも強化された天狗デッキ。
4ノード帯に姫海棠はたて、犬走椛、射命丸文とハンデス寄りの効果を持つキャラが多く強力なハンデス能力の印象が強い。しかし主要カードが軒並み2コスト以上である為に息切れしやすい印象があったが妖怪の山の登場がそれを変えた。
また、強力なバウンス効果を持つ深山の大天狗で嫦娥対策も出来、果てには天魔を使用した霊峰の魔獣による4枚のバウンスによる種族強化はやはり大きな魅力だったのだろうか。

使用数3は既存のデッキを強化した物が目立つ。
源泉耐久とは書いているが、その中でも耐久というよりは源泉グッスタに近いデッキもある。また希望の光を使用して何度でも雨の源泉を使い回せるようにした珍しい構築もあった。
幽霊デッキも数多く存在するが、こちらもバリエーションに富んでいる。死霊の復活から西行妖を場に出し維持するデッキも有れば、西行妖の効果で除外した魂魄妖忌9弾の効果を活用し弐符魂魄妖夢にスペルブレイクを狙うデッキも存在している。
最後にぐるコンだ。雷鼓弾コントロールとでも呼ぶべきであろうか。目標を取らず、複数のカードに及ぶ効果をアイコンとするカードを主軸として構築する除去コントロールである。全国大会のベスト16にも入っているデッキタイプだ。これらのデッキには10弾のカードはあまり入らなかったようであるが、ダメージを底上げする為に村紗水蜜10弾を使用するなど随所に工夫が見られるデッキもあった。


さて、ここで挙げているのは上位7デッキタイプにしか過ぎない。
今大会は大会初参加というプレイヤーも多く、大会シーンでは滅多に見られない様なデッキも多く存在している。
その中でも興味深い事に人形デッキが11位にランクインした。そのように数は少ないものの上位にねじ込んだデッキも存在する。
10弾環境はまだ始まったばかり。いずれは予想だにしなかったデッキが環境上位に出てくる事があるのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

東方観月宴主催陣

Author:東方観月宴主催陣

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。